MENU

長距離を運行する路線バス

女性

路線バスの一種である高速バスは、主に高速道路を走行して都市間や観光地の間を運行します。厳密には高速乗合バスと高速ツアーバスの2種類が存在し、運行形態は大きく異なります。他の交通機関に比べて費用が安い事や、同じ路線でも目的に応じてバスのグレードを自由に選べる利便性などが特徴です。

詳しく見る

事前の予約が安心

バス

高速バスについては、比較的2時間程度の乗車時間のものから、8時間程度の乗車時間のものなど、様々なタイプがあります。それぞれに設備や予約方法などが違っていることから、快適に乗車するためには事前に各社のホームページ等で確認しておくことです。

詳しく見る

旅行手段の選択

車内

国内旅行をする際、時間とお金の節約をしたい方は高速バスを活用することでそれらを実現できます。深夜出発の高速バスに乗れば翌朝には旅行先に到着しているので、現地でたっぷりと観光する時間を取り有意義な旅行となるでしょう。

詳しく見る

便利な移動手段を選ぶ

バス

長距離移動の交通機関を比較した場合、乗り換え回数や手荷物運搬などがスムーズな高速バスが有利です。なるべく旅行計画時には運行の有無を確認し、インターネット予約があればより便利に利用できます。男性向けのイメージを持たれることはありますが、女性向けの配慮やプライバシー重視などサービスは進化しています。

詳しく見る

座席指定で昼行と夜行

模型

高速バスは、都市間を高速道路を使って移動できるサービスです。夜行だけでなく昼行のサービスも用意されています。高速道路を運行するので立っての利用はできません。多くは予約をして、座席指定を受けて利用します。

詳しく見る

乗り換えの必要なし

運転手

目的地まで一直線

最近では、都市部では電車の本数がギリギリまで増加されており、いつ行っても、少し待てば目的地まで移動できるようになっています。一方で、地方の過疎地を中心に、列車の廃線が検討されており、ちょっと目的地まで行こうと思えば、乗り継ぐだけで2時間待ちといったことも珍しくなくなっています。こうした中で、高速道路は各地で無料区間が整備されるなど、便利に利用できる状況が整ってきています。これまで、列車が一度主要都市まで出てからでないと乗り継ぎできなかったところが、高速道路で一直線に移動できることから、高速バスを利用することで非常に効率的に移動ができるようになっているのです。そのため、高速バスは乗客が増加することとなり、その分、運賃についても安く設定されることが多いだけではなく、目的地まで直行する特急便から途中下車可能な便まで利用しやすい状態になっているのです。利用者が増えることで、便数が増え、その客をターゲットにしたサービスエリアが充実し、中にはそこでしか受けることができないサービスが登場するなど、好循環が起きています。さらに、高速バスは、車体に荷物を入れるための収納庫が用意されており、途中で持ち運びをする必要がないだけではなく、車内を窮屈にすることもありません。その分、車内では快適に過ごすことができ、上質な移動空間として、利用することができます。目的地への移動距離が少ないことから、高速バスは列車利用よりも料金が低くなっている場合が多く、コストメリットもあります。

Copyright© 2018 高速バスで旅行に行こう【非常に効率的に移動ができる】 All Rights Reserved.